女性の薄毛時代到来!

髪のトラブルが多様化する中、薄毛、脱毛の悩みはもはや男性だけの問題ではない。

女性の社会進出と共に、職場でのトラブル、生活習慣などの変化でつい最近までは男性の特有の悩みと位置付けられていたこれらの問題は今や女性にも影響が及んでいる。

大手化粧品会社も数年前から女性用ウィッグ、育毛剤の開発に力を入れており、テレビや雑誌でも頻繁に広告を見かけるようになったのではないだろうか。
今後も女性の薄毛人口が増えるとされ、メーカーも新製品の開発競争にしのぎを削っている。

なぜ女性の薄毛が増えたのか?

女性の場合、男性よりもストレスの影響を受けやすいといわれ、体にもそれらの変化が出やすい。

本来、薄毛を抑制する役割をもつ「女性ホルモン」は卵巣で生成される。

ストレスや生活習慣により、ホルモン生成のサイクルが狂い、初期症状として月経の乱れなどが始まる。

その後、体調不良、不眠症、重度のものではうつ病までに至り、この頃から髪の毛の「毛髪サイクル」に影響し脱毛が始まる。

職場や家庭でストレスを溜めないように、とするのもなかなか難しいが、体と髪の毛には密接な関係があるということを頭に入れた上で、生活に気を付けなければならない。

紫外線と髪の毛

夏は一年間で最も紫外線の強い季節であり、肌だけではなく髪も同様に紫外線対策をしなければ秋を迎える頃に髪の毛はボロボロになっている。

髪の毛も日焼けをする。
肉眼ではわからないが、紫外線に長時間さらされると髪の毛表面の「キューティクル」と呼ばれる鱗のようなものが目くれ上がり、これらが積み重なることで、広がりやパサつきになる。

湿気とは別要因で、夏の広がりの原因とも言われている。

重度のものは「火傷」となり、髪の毛は肌のような再生機能がない為、一度ダメージを受けるとそれは二度と復元されることはない。
チリついた毛先にいくらトリートメントを使っても元に戻らないのはこの為である。

さらに、カラーされた状態の髪の毛に紫外線を当てると通常の倍近いスピードで色素の退色がおこる為、
夏場、海や屋外プールなどに出かける前のカラーリングはあまりおすすめできない。
パーマも同様に、紫外線によるダメージと薬剤によるダメージが重なるともはや取り返しがつかなくなる。

肉眼では綺麗に見えている髪の毛でも、毛先の色が茶色い場合はダメージである。
紫外線対策を怠ると、夏が終わる頃にはダメージ部位も広がり切らざるを得ない状態になってしまうので、肌同様にケアが必要である。

>>ルプルプをお得に購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする