ルプルプとプリオールはルプルプの勝利!

資生堂のプリオールカラーコンディショナーと、Jコンテンツから発売されているルプルプヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメントとして両者かなり人気ということが言えます。一体どちらの方がいいのでしょうか。

どちらも使い勝手やしっかり染まる点などであまり大差はないように見えますが、徹底的に国会は比較していきどちらが最適かということについて考えていきましょう。

使用感の違いはどれくらいあるのか

ルプルプは植物由来成分やる前オイルによって、かなり癒される雰囲気があります。チューブ式なので、使いやすくテクスチャーなども非常に似ており、トリートメントやコンディショナーと同じような感覚で白髪染めを行うことができるという点が、おすすめポイントと言えるでしょう。一方でプリオールには香料が入っておりグリーンフローラルというものがありますが、ラグジュアリー感があるものの、匂いが苦手な人には要注意ということが言えます。

使い方の違いはいったいどうなっているのか

両者の使い方の違いとしてはまず、ルプルプは入浴前や入浴時にしか使えないわけではありません。理想としては一旦髪を濡らしタオルドライをするのが基本ですが、乾いた髪に直接塗っても使えます。つまりまず洗い、それを待ってから洗い流して、シャンプーですすぐという手順になっていくでしょう。

その後にシャンプーを行うタイプということですが、待ち時間は長くても30分以内で済みます。これ以上長く置いておいても色の付き方にあまり差はないようです。一方で資生堂の方ではタオルドライをしてから行うことは、必ず決まっています。待ち時間が短いのが特徴で5分程度ですが、10分から15分置くとさらにしっかり染まるということが言えます。

色の違いはどれだけバリエーションがあるのか

色のバリエーションも気になるところで、出来るだけ不自然に見えないような染め方をしたい人にとっては重要ポイントと言えるでしょう。ルプルプの場合の色の種類は5種類あり、ブラウンからナチュラルブラックまで徐々に色合いが黒くなる5段階に分かれています。

特にモカブラウンが人気で定番色としては、ややそれよりも明るいダークブラウンなどが良いです。一方でプリオールの方は3種類しかありません。ブラックとダークブラウンとブラウンのみです。

以上使用感などについてはあまり差はないものの、色の違いなどを考えるとやはりルプルプの方が一歩先をいっているということが言えるでしょう。特に髪の色合いなどに細かくこだわりたいと考えているあなたの場合は、こちらを選ぶのがおすすめです。

ルプルプ 口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする